試験という類に弱い

つくづく嫌になる

先日、会社の中の昇進に影響のある試験を受けたんです。

あたくしは、自分で言うのもなんですが、中途半端な進学校にずっと通っていました。
ちなみに成績は下の中。良くはないですが、落第をするほど悪くもないのです。
毎年数名は東京大学に入るくらいの進学校なので、「世間的には落ちこぼれていない」というポジティブすぎて阿呆らしい幻想を……持っていたようです。

妻が受かったのに

そして会社の試験。
4年連続で落ちました。

普通は2年もあれば受かります。
けれどあたくしは4年かかってもまだ落ちています。
出世とかにはもともと興味がなかったのですが、それにしても酷い。

ショックなのは妻が先に合格していること。
これは家の中の発言権や威厳にも大きく影響してくるでしょう。
これには参った。

勉強へのコンプレックスは、いつになっても解消されない

どうしてか、こういう学校の試験みたいなのはいつまでたっても苦手。
勉強していないわけじゃない、と思うんですが、やっぱり努力不足でしょうか。

落語とかアニメとか、延々と楽しめる趣味を複数持っているのもいけないんでしょうが。

The following two tabs change content below.
都内在住のおじさん。 3児の父。 座右の銘は『運も実力のウンチ』

最新記事 by 写楽斎ジョニー (全て見る)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする