さざんか寄席、終了

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

やればやるほど自信がなくなる

sazanka2014_2

課題の『親子酒』。
どのネタも少なからずそうですが、稽古すれば稽古するほど、下手さに気づくものです。

でも、この『親子酒』はまったくそう。
「どう酔えばいいの?」「俺って日頃、どう酔ってる?」

酔ってみて考えても、酔った頭ですから、おぼつかない。
とはいえ、「演りたい」と言って出番を貰った以上、今更引き返すわけにもいかない。

大変な趣味を見つけたものです。

なんとかやりきった

まったく自信が無いままに高座に上がるというのも、はじめてだったかもしれません。
とにかく雲をつかむような感覚。
一番大事な酔い方が分からないってェンですから、重症です。

何だかんだとやりきって、終わってみれば、何だかすっきり。
完全燃焼感もないのですが、不完全燃焼な感じもしない。
不思議な感覚であります。

他の皆様は、さすがに上手。
慣れもありますし、場を御する力も流石。
温情で二番目にあがらせていただきましたが、やはり稽古が足りないですね。

感想

打ち上げでは皆様の落語観というものを聴かせていただきました。
うーん、やっぱり奥が深い。業が深いとも言えますか。
昔は目黒にも寄席があったんだとか。知らなかったですね。人形町にあったのは知っておりましたが。

「吉原ってどんなところだったんですかねぇ」

という現代落語ファンの永遠の謎についてぼんやりと話しました。

お客様アンケートも拝見いたしまして、なるほど、反省しきりであります。

次はどうしましょうか。
『子ほめ』や『湯屋番』なんていいですね。

The following two tabs change content below.
都内在住のおじさん。 2児の父。 座右の銘は『運も実力のウンチ』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です