④NHK『目玉焼きの黄身 いつつぶす?』第四話感想。ちらし寿司食いてぇ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

最終話である

全四回は短すぎましたね。
とはいえ、原作も現時点では3巻までしか出ていませんから、仕方がないことではあります。

是非二期をお願いしたいですな。

ちなみに今までの感想はこちらへ。1話2話3話

「ちらし寿司にワサビ醤油かける?」

chirashi

今回はちらし寿司についてでした。
ちらし寿司にワサビ醤油をかけるのか、否か。

これはデカイ問題ですよね。
そもそも、あたくしはあまりわさびを醤油に溶かすことが好きではありません。

作中で二郎ちゃんが発見した通り、ネタのなかにはわさびに合うものと合わないものとあります。
また、ネタによって理想のわさびの量も違うはず。
相方のツトムさんは、「寿司ネタに醤油をかけるのも気がひける」と言ってましたが、まさにそう。
ネタによって、わさびはもちろん、醤油だって量を変えたいというのが上品ですよね。

それを事前に溶いて醤油とともにかけるだなんて、粗野にすぎるかもしれません。

しかし、同時に、「ちらし寿司ってそんなに気を使って食べるものなのか?」という気もします。
寿司とはいえ、実情は丼なのですから、ガッと醤油をかけてわさびも散らして、かっこむのが正しい!のかもしれません。

ちらし寿司に対する、その人のスタンスが、食べ方にあらわれるんですな。
まさに、食べ方とは生き方である、ということですな。

「ショートケーキの苺いつ食べる?」

2014年08月09日(Sat)11時31分48秒

そもそも、ショートケーキの頭の苺はメインではないんですよね。

とある説では、苺はあくまで口直し。つまり寿司屋のガリだとか、とんかつのキャベツと同じで、一旦口の中が甘々になったところに酸っぱみを足すことにより、さらにまた新鮮な気持ちで甘いモノを食せ、という存在だとしているんだとか。

あたくしもそれを聞いてはっとしました。これもまた、当時は思考停止だったのです。

何だかあの赤が「メイン」ぽさを強調しているじゃないですか、いちごって。
しかし、色に騙されてはいけないんです。あれはメインでもなんでもない。

たまに牛丼が真っ赤になるくらい生姜を入れる人が居ますが、あれと同じくらい主従逆転なんですな。
それ悪いとはいいませんが、牛丼の主役は牛であり、ショートケーキの主役は生クリームです。
そこのところは勘違いしないようにしたいです。

漫画だとこの後、わりとショッキングに

さて、アニメも最後にはハッピーエンド、ですが、漫画のほうではわりとそうでもありません。

恋の行方は、むしろ、この後に大変になるんです。

screenshot_2014_08_09T16_22_20+0900 screenshot_2014_08_09T16_22_30+0900

そこも踏まえて、是非二期を希望いたします。
円盤出ないんですかねぇ。結構買う気でいますよ。

美味しゅうございました。

The following two tabs change content below.
都内在住のおじさん。 2児の父。 座右の銘は『運も実力のウンチ』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です