『上杉かぶき衆』 歴史文学ロマンの魅力を、贔屓から感じる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

ご自身の出身である新潟愛にあふれた作家、火坂雅志。

彼の”上杉愛”の集大成がこちらの本でしょう。
前田慶次郎、水原親憲、上泉主水らの生涯の晩年が、短編集の長さで語られていて非常に丁度いい。

前提の知識がさほど要らないので、歴史文学に明るくない方でも読めて、それでいてしっかりと面白いのが素敵。
ただの「一見さんお断り」の文学に終わらないところですよね。
天地人もだからこそ大ヒットしたといえます。

色々と美化しすぎるのが歴史文学ロマンのいいところでもあり、ファンから喧々諤々の愛蔵渦巻くことになる理由でもあるのです。だからこそ、歴史文学ロマンは魅力的なんですな。

実業之日本社様より引用

The following two tabs change content below.
都内在住のおじさん。 2児の父。 座右の銘は『運も実力のウンチ』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です