いい本だったけど、結論はやっぱり投資の業界の人の手前味噌だった『普通の会社員が一生安心して過ごすためのお金の増やし方 』

言っていることは凡そ同意。ただし。

今からはじめれば全然間に合う!

●全然間に合う老後資金!

老後破産、下流老人と世の中には、老後の不安な状況をあおる様々な話があるうえ、年金などの見通しもままならない昨今。

とはいえ、目の前のことに追われて、なかなかそこまで手が回らないという方もいるのではないでしょうか。

そして、「今さらどうにもらならない」「なるようになる」と考えている方もいるのではないでしょうか?

結論からいって、老後の不安に備えるには40代でもまだまだ全然間に合います!

セゾン投信の代表取締役であり、40代で貯金ゼロだった中野氏が、
出費の多い30~40代を乗り切り、将来の不安をなくす「お金」の貯め方を紹介します。

2018年に制度がはじまる積立NISAにも触れ、将来の不安をなくす決定版となる1冊です。

でも、結局「アクティブファンド買ってね」ってことだった。そりゃそうか。手前味噌感が最後にあった。ま、信念と仕事が一致しているということで、良いといえば良いのか。

位置: 1,192
国内外の株式市場に分散投資するという前提条件のもとであれば、それでもよいのですが、国内株式を投資対象にした場合、果たしてインデックスファンドによる運用が正しいのかどうか、大いに疑問が残ります。

国内投資ならむしろアクティブファンド!と言えるのは果たしてどうかと。ま、そういう山っ気の全く嫌いな人は国債でも買ってろってことなんだろうけどね。

位置: 1,522
つみたてNISAの対象として選ばれたアクティブ型投資信託は、つみたてNISA以外の課税口座で積立投資をするうえでも、検討する価値が高いと言えます。

そうなんだろうな。
とにかく60すぎまで会社員やって固定給がある程度ある人のための、損をしない投資方法の本でした。大儲けはできないし他所行ってやってくれ、って感じか。

The following two tabs change content below.
都内在住のおじさん。 3児の父。 座右の銘は『運も実力のウンチ』

最新記事 by 写楽斎ジョニー (全て見る)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする