『羊のうた』 ひっさびさに読んだら高校時代を思い出した

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

OVAにもなったんすよね。

高校生の高城一砂は、幼い頃に別れた一つ年上の姉・千砂と再会し、高城家に代々伝わる「病」のことを聞く。その「病」は、発病すると「吸血鬼」のように、他人の血が欲しくなるという。やがて発病し、発作に苦しむ一砂に千砂は自らの血を与えるが……。

高校のころ、こういう雰囲気に憧れに憧れて、擦り切れるほど読んだ記憶があります。一砂のような特別な高校生になりたかった。いわゆる反抗期というか思春期ですな。

結果、病にもなれず八重樫さんのような女の子とも付き合えず。
人生そんなもんです。

しばらく読むことはなかったのですが、大人になって改めて読むと……。やっぱり面白い。一砂のようになりたい、とは思わなくなりましたが、文学作品として良く出来てる。マンガという形態を取りながらも、その魅力はそのカテゴリに収まりきらない、もっというと日本コンテンツ史に残るような名作だと思います。

なんて、ね。思い入れも多分に入った評価ですな。青春ですから、あたくしの。

The following two tabs change content below.
都内在住のおじさん。 2児の父。 座右の銘は『運も実力のウンチ』

最新記事 by 写楽斎ジョニー (全て見る)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です