『どうらく息子 5』 主人公、ひたすら“牛ほめ”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 7

何だかんだいって読み続けている『どうらく息子』、五巻まで読むと面白くなってきました。

主人公はただひたすらに『牛ほめ』をやってます。
なんとかの一つ覚えのように。

与太郎噺はただでさえ難しい。だからこそ、なんでしょうか。プロの前座はひたすら与太郎噺をさせられることも多いらしいですね。
柳家や道灌と決まっているようですが。

よく言われる「与太郎話は与太郎の了見になれ」というアドバイス。
主人公も言われますが、これが中々に難しい。
これ、本当に難しいんです。

screenshot_2015_07_19T21_10_09+0900

セリフが腹に入って、自然に出てくるようになってから、そこから稽古につぐ稽古でもって、なんとかその「了見」に入れるんです。
だからセリフを覚えたとかそういう次元じゃお話になりません。
これが素人には難しい。

プロの噺家の修行とは、理論の上の根性論であるなぁ、と痛感する次第。
はて、素人である自分はどうしようかしらね。

了見になり、間をとって、お客に合わせて演りきる。
簡単なようですが、これが今、あたくしに出来る落語の精一杯でしょうな。

The following two tabs change content below.
都内在住のおじさん。 2児の父。 座右の銘は『運も実力のウンチ』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です