『やれたかも委員会』 もはや私小説よりも私小説

こういう話が読みたいのですよ。

[amazonjs asin=”B07315G6PB” locale=”JP” title=”やれたかも委員会 1巻”]

もしもあの時、勇気を出していたら…
そんな誰もが心に秘めている忘れられない夜を犠星塾塾長 能島明、ミュージシャン パラディソ、そして財団法人ミックステープ代表 月満子が判定します。
「やれたかもしれない夜は人生の宝です。」

上記のアマゾンレビュー、全然面白さ伝わってこないですね。
これ、本当にいい作品なんですから。

書評をまたまた、書かせていただいたわけですが、この漫画は本当に面白い。
前著『フィンランド・サガ』も良かったですが、これもいい。

あたくしにも、やれたかもしれない夜、ありましたね……。家族には言えませんが。

The following two tabs change content below.
都内在住のおじさん。 3児の父。 座右の銘は『運も実力のウンチ』

最新記事 by 写楽斎ジョニー (全て見る)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする