柳家喜多八師匠、急逝…

小さい身体から出る、小さな悪事や悪巧み。
それが落語に大きくマッチして、大好きな師匠でした。

ぼそぼそっと喋りながら、なんとも言えない想像世界に、じわりじわりと引き込む。
そして、なんとなくサゲまで引き寄せられて、ちまちまっと帰っていく。

個人的にはそんな愛すべき存在でした。
悲しいです。何度か見た師匠だっただけに。

The following two tabs change content below.
都内在住のおじさん。 3児の父。 座右の銘は『運も実力のウンチ』

最新記事 by 写楽斎ジョニー (全て見る)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする