『江戸モアゼル』は落語ファンならなお笑える

遊女と若い衆が、平成にタイムスリップ……という、なんとも……なやつです。

[amazon_link asins=’4344841905,4344837010′ template=’ProductCarousel’ store=’johnnychoitok-22′ marketplace=’JP’ link_id=’8409a3a2-b6da-11e8-b25e-1de6912d9567′]

花のお江戸は吉原から、平成の世にタイムスリップした名うての女郎・お仙。コンビニでバイトしながらも、遊里で磨いた花魁テクと江戸の水が育んだ気風の良さで、平成日本男児たちを骨抜きに!? 奇想天外抱腹絶倒ジャパネスク・ギャグ★

でも、それが面白いのよ。

山手線の人混みをみて「両国の花火か?」てな具合で。談志師匠のイリュージョン落語のようなノリというとファンに怒られるかしら。
なんだか内輪の有る有る話みたいで、とてもいい。

登場人物の設定も妙に江戸っぽくてね。しっかり取材されてるんだな。

唐辛子売りのくだりとか。ほんと笑える。
いいギャグ漫画。すっきりする。

The following two tabs change content below.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする