やっぱり泣いちゃう『コウノドリ』

やっぱり生き死にの話はおじさんの琴線に触れちゃうな。

出産は病気ではない。だから、患者も家族も安全だと思い込んでいる。毎年この産院で行われる2000件の出産で、約300件の出産は命の危険と隣り合わせだ。その小さな命が助かることもあれば、助からない時もある。100%安全などあり得ない。それが出産。年間100万人の命が誕生する現場から、産科医・鴻鳥サクラの物語。

やっぱり感動しちゃうんだな。出産はドラマだもの。

いろんな現実をみながら

それでも産まれてくる命には無条件で感動してしまう。
いいよね。読めば面白いの、わかってる。わかってるから、読むのかどうか。そこが問題だね。

The following two tabs change content below.
都内在住のおじさん。 3児の父。 座右の銘は『運も実力のウンチ』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする