『勧進帳』を観るなら『虎の尾を踏む男達』

落語にもよく出てくる『勧進帳』。いきなり歌舞伎を見ても良いのですが、少しハードル高い。そんなときは黒澤明監督作品『虎の尾を踏む男達』がよろしかろうと思います。

鎌倉将軍となった源頼朝から逃れるべく、東北・奥州平泉へ向かう弟の源義経(岩井半四郎)や武蔵坊弁慶(大河内傳次郎)、そしておしゃべりの強力(榎本健一)たち。やがて一行は安宅の関を通過しようとするが、そこには義経を捕らえようとする者たちが待ち構えていた…。
歌舞伎の『勧進帳』や能『安宅』でおなじみの世界を、ミュージカル時代劇仕立てで軽やかに、そしてダイナミックに描いた、黒澤明監督初の時代劇。狂言回しとなる名コメディアン「エノケン」こと榎本健一と、名優・大河内とのかけあいや、弁慶と対峙(たいじ)する富樫役の藤田進の見事な腹芸ぶり。太平洋戦争終結前夜に製作された作品のため時間は短いが、その倍以上の充実感を味わえる快作である。なお、本作は戦後GHQの時代劇禁止政策によって理不尽にお蔵入りとなってしまい、1952(昭和27)年にようやく公開されたという、いわく付きの作品でもある。(的田也寸志)

談志師匠も好きだったエノケン、あたくしは今作ではじめてみました。確かに面白い。顔が既に面白い。

大河内傳次郎もイケメン。眉毛太い。

どうでもいいけど、黒澤映画は字幕つきでみないと何言ってるのか分からない所も多いですね。字幕、ありがたい。

The following two tabs change content below.
都内在住のおじさん。 3児の父。 座右の銘は『運も実力のウンチ』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする