『逃避めし』 吉田戦車の本気飯ばな、すげぇ美味そう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

作家さんと”飯ばな”の相性は間違いなくいいんですよ。

作家という”こだわり”を売る職業と、めしという”こだわり”。
相性が抜群なんです。

また、この『逃避めし』のコンセプトでもある「締め切り迫る非常時に何故か創作料理」というシチュエーション。
「試験勉強の時にこそ掃除が捗る」理論ですよね。
大いに分かります。

しかし、吉田戦車氏のめしばな、最高ですよ。
ちょっと男料理的な、大雑把なところも好き。共感。

sensya

さっそく、「あぶらむし」を試してみました。
冷や飯をあぶらと出汁で蒸して食すというもの。
あたくしはアレンジでシャケとごま油でやりました。美味いのなんの。

やっぱり料理は究極のクリエートですな。

ちなみに、NHKでやってた『本棚食堂』ってのはこの本が元ネタではないのか?

The following two tabs change content below.
都内在住のおじさん。 2児の父。 座右の銘は『運も実力のウンチ』

最新記事 by 写楽斎ジョニー (全て見る)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です