『プロチチ』逢坂みえこ著 育児マンガかと思いきや

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 7

タイトルは完全に子育てマンガなのに

読んでみると、意外と育児以外の部分で苦労してました。

主人公はパパ。
一流大学を経て就職するが、上手く周りの人とやっていけずに退社。
妻の出産を機に、専業主夫となるのでした。
のちに男性は自らをアスペルガー症候群と認定するのです。

コミュニケーションが下手な、というか病気の男性が、意思伝達の方法が恐ろしく限られた赤ん坊と二人きりになる。
当然、葛藤と悶絶の日々になる。

それを描くわけです。
単なる育児マンガには収まらないですな。

誰よりも妻が天使

この漫画で、まったくもって天使なのが妻の花歩氏。

アスペの男性を「誠実な人柄」だと愛し、敬う。
第一巻の終わりで、ママ友たちに旦那の悪口を言われているのを聞き、

あの人が口に出すのはホントのことだけ ヘンどころじゃない 特別まともな人なのよ!

とママ友たちを叱りつけます。
天使すぎる妻でしょう。

育児の大変さは、自省にあるのかも

この育児マンガの特異なところは、「育児」自体の大変さをあまり描かないこと。
パパはアスペルガーではありますが、指示や基本には恐ろしく忠実で、「よく出来る」のです。
子どもが暴れようが何しようが、理性的に対応できるのです。

彼が問題なのは、マニュアルを外れた事態が起こったとき。
道標がないと、何も出来ない病気なのですな。

おそらく今後、育児を通して病気と更に向き合ったりしていくのでしょう。
育児の真っ最中で、自らを軽度のアスペルガー的なところがある、と思っているあたくしにとって、なかなか読むのが辛い漫画ではあります。

The following two tabs change content below.
都内在住のおじさん。 2児の父。 座右の銘は『運も実力のウンチ』

最新記事 by 写楽斎ジョニー (全て見る)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です