『バーナード嬢曰く。 』 これが救いになる人もいる

少なくとも、あたくしは気が楽になりました。

[amazonjs asin=”4758063710″ locale=”JP” title=”バーナード嬢曰く。 (REXコミックス)”]

読書が好きだったりすると「あれも読んでる?」なあんて聞かれることが少なからずあって。ただ、自分はkindleでしか本を読まないのと、乱読するのとで、あまりジャンルに精通した読み方をしていません。

なのでビックリするような古典を未読だったりします。んでも、「読んでる?」と聞かれて「読んでない」と素直に応えられるほど素直に育ってないわけで。

そんな無益なプライドに凝り固まって生きてきたあたくしには、ちょっとした救いになる本です。

とくにこのイーガンのくだり。
読みながら「まるで分からん……」と挫折した『順列都市』。SFマニアの神林ですら「よくわからない」で楽しんでいることを知って、イーガンとの付き合い方を悟りました。これでいいんですね。

『幼年期の終わり』や『星を継ぐ者』あたりは一応読んでますが、あれらもそれくらいの気持ちでスルッと読んじゃっていいんですね。なあんだ、という具合。楽になります。

とはいえ、難解すぎますが。

マチダサワコの、恥ずかしげもない無謀さに、可愛らしさを覚える34歳。
これも是非続きがよみたい。

The following two tabs change content below.
都内在住のおじさん。 3児の父。 座右の銘は『運も実力のウンチ』

最新記事 by 写楽斎ジョニー (全て見る)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする