映画『Man on the Moon』 アメリカの笑いは生理的に無理。人の本気を笑う気になれない。

伊集院光さんの映画のラジオで紹介されていたのを記憶の片隅に残していたらしく、BS朝日でやっていたのを適当に観たんですが、アメリカのコメディってわかんないすね。

生来、「人の本気を笑う」という行為に抵抗があるので、どうにもああいう「どっきりショー」みたいなのは腑に落ちないんですよね。
おもしろいけどユーモアがないって思ってしまうのです。

誰も不幸にしない笑い、というものが、自分の理想の笑いなんだな、と改めて気づく作品でした。
あたくしは全然、この人を英雄視する気になれませんでした。
少なくとも、この映画の範囲では、ね。ジムキャリーは面白かったけど。

[amazonjs asin=”B00005HNTL” locale=”JP” title=”マン・オン・ザ・ムーン デラックス版 DVD”]

The following two tabs change content below.
都内在住のおじさん。 3児の父。 座右の銘は『運も実力のウンチ』

最新記事 by 写楽斎ジョニー (全て見る)