『東京都北区赤羽』 ドラマ化を機に読んだら大変な作品だったオエエエエ…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

  ナンセンスすぎて不条理

本当に実話なのでしょうか。

あくまで「実話をもとにしてる」話ではあるのですが、それにしても奇妙。
でもこういう街があったらいいな、という桃源郷のような要素を多分に含んでいるから、読んでいて惹かれるんですな。
まさかのドラマ化で「正気か?」と思いましたが、思ったよりグダグダで安心しました。
実写化は到底無理よ、これ。本人が出なきゃ。

ケイティさんと仲良くなれるか

2015-02-02-14.08.50

こういう人なんですけどね。
わりと…いらっしゃるじゃないですか、この手の人って。

でも、仲良くなれるのか。なれるんだ。すげぇな。
常識とかいうくだらない価値観が邪魔して、あたくしは無理。
多分匂いが無理。この人、オレンジジュースで頭あらってマーガリン顔に塗る人ですよ。
ちょっと友だちになれる範囲の人を超えているかも。

そこをなんだかんだいって超えているので、清野さんはすごい。

さすがにあの漫☆画太郎先生をして

「私は仮性、清野とおるは真性の○○○イです!!!」

と言わしめるほどですな。

生き方に疲れたら

テレ東のドラマでは、「突然のスランプに陥った山田孝之が赤羽に出会って変わっていく」みたいな話になっていましたが、程度はともかく、そういう類の異文化と触れ合える漫画ですな。
ただ、これを求めて赤羽に行くのはやめたほうがいいかと。

桜の時期の飛鳥山公園あたりなら、逆にこういう人結構いそうですけどね。

The following two tabs change content below.
都内在住のおじさん。 2児の父。 座右の銘は『運も実力のウンチ』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です