『カフェでよくかかっているJ-POPのボサノヴァカバーを歌う女の一生』 心が痛い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

グサグサきます。

ミュージシャンを目指して活動するも芽が出ないまま35歳になった女が、枕営業の末、
インディーレーベルプロデュースのJ-POPのボサノヴァカバーCDのなかの一曲を歌えることになったが……。
いい年して夢を捨てきれず、サブカルにまみれて自意識ばかりが肥大した、残念な20代、30代男女の肖像をシニカルな筆致で描く連作短編集。

シニカルがすぎて、グサグサきます。
自分もこういうところが、無くもないのでなおさら。というか、すべての面で思い当たるフシがあるというか。こんなに笑いながら心で泣ける漫画は珍しい。

痛々しくも愛おしい登場人物が、笑うに笑えない物語を紡いでいきます。これがもう、ページをめくるたびに死にたくなる。

とはいえ、通底する「痛い奴を叩けるだけ叩く」みたいな精神には完全に同意できません。そこだけですね、この本に難癖つけるとしたら。

自嘲の意味も込めて読むのだとしたら大変面白い。上から視点で読むのだけはかんべんしてほしいです。あたくしも、泣いちゃうから。”いい年して落語を語っているおじさん”をテーマに一本書けちゃうから。

screenshot_2015_10_05T13_03_39+0900

The following two tabs change content below.
都内在住のおじさん。 2児の父。 座右の銘は『運も実力のウンチ』

最新記事 by 写楽斎ジョニー (全て見る)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です