映画『リオの男』 ルパン三世のモデルというか、そのものだった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

全然「リオの男」じゃないけどな!

映画のタイトルこそ、『リオの男』ですが、主人公は生粋のフランス人です。

休暇のためにパリを訪れたら、パリにいる婚約者が何者かにさらわれた!
急いで取り返さなきゃ!みたいな噺。

よくある「行って帰ってくる」映画で、「恋人を取り返すため」という理由まで、王道。
衒いなく王道を行けることに、あたくしは既に眩しさを感じます。

ルパンの元ネタ、ってぇかほとんどルパンじゃねぇの

主事項を演じるジャン=ポール・ベルモンド氏は、猿顔です。

homemderio2

見事に猿顔。そして若干小柄で、細くて。
ほとんどルパン三世そのものです。

モンキー・パンチ氏はこの映画を観てルパンを作った、と言われますが、まさに。
これに「大泥棒」という要素を加えればルパンの出来上がりですね。
今回の映画では「盗人を相手に恋人を取り返す」という立場でしたが。


ジャン・ポール・ベルモンドはルパン? (action scene) Film Cut… 投稿者 spyagent0011

動きの軽快さといい、よく出来た実写版ルパンでした。

衒いがなくて面白い!

王道を王道として、小気味良くシナリオを展開してくるこの作品に、あたくし、メロメロでありんす。

面白いんですよ。1964年の映画ですから、ちょうど東京オリンピックの時ですか。
リオの街の経済発展中の感じ、ブラジリアの都市開発中の感じ、ちょうど日本と同じくらいの状態な印象があります。

特にブラジリア。今行くと、近未来的な印象すら受ける大都市ですが、当時は砂漠のまっただ中だったんですね。
ここにででーんと街を作る。はぁー、やっぱり南米の人の考え方はスケールがデカいや。

とにかく面白かった『リオの男』、また観たい名作です。

The following two tabs change content below.
都内在住のおじさん。 2児の父。 座右の銘は『運も実力のウンチ』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です