『猫は生きている』 昔観て忘れられない映画の原作

子供の時、児童館だかどっかでこのビデオを観て、それ以来忘れられない映像があります。

[amazonjs asin=”4652020058″ locale=”JP” title=”猫は生きている (理論社のカラー版愛蔵本)”]

東京を焼け野原と化した大空襲。生きのこったのは…。戦争をにくみ、強く平和を願う作家と画家が生みだした迫力ある大型絵本。

ビデオはどこにも在庫がなくて、借りられず。
原作となった絵本を借りて読んだのですが、まぁ~救いのない。

救いのない現実を元に描いていて、そもそもの目的が「東京大空襲を風化させない、後世に伝えていきたい」ということなのだから、当然ちゃ当然なのかもしれませんが、それにしても救われない。

地獄を描くにしても、もうちょっと、なんというか、遊びがあってもいいように思いました。そら、戦争はいけない、空襲の恐ろしさを伝えたい、そういう気持ちは伝わりますがね。ありのままぶつけて、あたくしのように忘れられない映像を脳裏に貼り付けさせられて、それで作家は満足なんでしょうか。

どうせ残すなら、面白い、ワクワクする、明るい気持ちになる。そういうものを選びたいと思うのは、平和ボケの戦争非経験世代の甘えた発想なのかもしれません。けれど、あたくしは断然そっちの方が好き。

せめて母親か息子か、どっちかは生かしてやろうよ。
猫ばっかり残さないで、さ。
だってこれ描いた早乙女さんだって田島さんだって、空襲をうけて生きていたわけじゃん。

作品の筋に文句をいうなんてなんて野暮なことをするのか、自分でも分かりませんが、それにしても救いのない話でした。
あたくしはこれを娘に観せたいとは思いません。
少なくとも、中学まではね。遠ざけることもしませんが。

The following two tabs change content below.
都内在住のおじさん。 3児の父。 座右の銘は『運も実力のウンチ』

最新記事 by 写楽斎ジョニー (全て見る)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする