『NKJK』 これは斜め上の発想

いや、これ、なかなか好きですよ。

[amazonjs asin=”4575847666″ locale=”JP” title=”NKJK(1) (アクションコミックス(月刊アクション))”]

親友が病に倒れた。悲しみに暮れる日々の中、少女は知る。自分が親友の為に出来る唯一のこと、それは、笑わせること。
「笑い」により、人体の免疫力を高めるという「NK細胞」を活性化させる為、少女は「笑い」の研究と実践を始める――。
生死の狭間を笑いで描く友情の物語。

NK細胞を活性化させたい女子高生、ということで『NKJK』ということなんでしょうね。
しかし、なかなか、喜劇の要素が詰まっていますよ。

  • 緊迫した状況で
  • 閉鎖された空間で
  • みんな真剣

ですからね。それでいて、「笑う」ということが目的になっている。

「笑い」というのは手段であって目的ではない、というのが落語ファンとしての矜持なのですが、これはその文法ではないのです。むしろ「笑い」のみが目的。
そのために、主人公がひたすら研究するという、なかなか倒錯した展開です。

全2巻というボリュームもいいし、話の起承転結も小気味良い。
小規模ではありますが、しっかりと共感・共鳴できます。いいです。

The following two tabs change content below.
都内在住のおじさん。 3児の父。 座右の銘は『運も実力のウンチ』

最新記事 by 写楽斎ジョニー (全て見る)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする