『ハガキ職人タカギ!』感想① あるある #ハガキ職人

あるある。ジャケットは詐欺ですが。

ハガキ職人の世界描いたコメディー小説!

第15回小学館文庫賞小説賞受賞作。イマドキのオタクにスポットを当てたリアルな新感覚青春ユーモア小説。
広島県在住の高校二年生、高木正広は、筋金入りのラジオ番組のハガキ投稿オタク。今日もネタ帳とにらめっこ。クラスの女子は気味悪がって近寄ってこないが、そんなことは全く(全くでもないが・・・)気にならない。厳選したネタを、深夜のラジオ番組に投稿することが使命なのだから。深夜ラジオでは、ちょっと名の知れたハガキ職人。ラジオネーム・ガルウイング骨折として、全国のラジオリスナーにその名を轟かせている。そんな高木が東京のハガキ職人たちと対決することに。運命の歯車が狂い出す。

あたくしもラジオ投稿に青春を捧げたクチですので、非常に共感出来る。
はがき投稿型のオタクもなにも、あたくしの頃にはまだメールで投稿という手段が普通じゃなかったですからね。

位置: 108
「よろしくお願いします」 「では、一通目いきましょう。広島県のラジオネーム、ガルウィング 骨折」  名前を聞き、ギクリとした。正確には「広島県」と読まれた時点で、少し心臓が跳ねている。

あの瞬間の血液が逆流するような感じ。最近はもう感じませんが、嬉しくって恥ずかしくって。思ったよりウケなかったりして。懐かしいなー。

位置: 372
「採用率高いよ、それ」 「マジっすか」 「うん。ひとつの番組に百通以上送ってる人もいるよ」 「百って! ハガキで送るんですか、それ」 「どうだろう。

そういうことを話し合ったりする場が、当時もあったら良かったのにね。昔はまだオフ会とかハードル高かったからなー。

位置: 591
落ち着け。まず、未来を思い浮かべよう。なるべく漫画のような世界。着ている服も今とはまるで違うだろう。  フリップにペンを走らせる。勢いに任せ、ままよとばかりに右手を挙げた。 「はい、ガルウィングさん」 「『パリコレの写真集が、絶滅した珍獣というタイトルで売られている』」  最初にクスクスと含み笑いがあった後、会場が大きな笑いに包まれた。 仰け反っている人、口を覆っている人、様々な笑いだ。  その光景に息を 吞 んだ。俺が笑わせた。先ほどの自己紹介など比べものにならない、風圧のような爆笑。なかには無表情の人もいるが。

そして、あたくしもいい歳になってから、この手の大喜利大会とか出ましたけど、あの生で受ける感じって病みつきになるんですよね。沼が深すぎてそこまでのめり込むことを避けてしまいましたが。

位置: 617
ここでもシャッチョさんが先陣を切った。藤本さんが即座に指名する。 「シャッチョさん」 「えー、『点滴のチューブをハート形に巻く』」 「バカンス気分か!」  端末に、フリップに描かれたシャッチョさんのイラストが映った。言葉だけでは伝わりにくいと思ったのだろう。味のある絵だ。  流れを完全に把握した職人達が、フリップにペンを走らせ始めた。俺も負けじと挙手する。 「ガルウィングさん」 「『仏壇の盛りかごをウェルカム・フルーツと呼ぶ母』」 「バカンス気分か!」  フリップに書いている時点で手応えがあった。予想どおり、会場には爆笑が響いた。正直言って、ものすごく気持ちが良い。

作中のネタも、結構よく寝られてて好感を持てます。深夜ラジオのいいノリがそのまま筆に載ってる。頷きながら読んでしまいました。何様か。でも、気持ちよさそう。

The following two tabs change content below.
都内在住のおじさん。 3児の父。 座右の銘は『運も実力のウンチ』

最新記事 by 写楽斎ジョニー (全て見る)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする