『機動戦士クロスボーン・ガンダム』 まるでガンダムよね

デザインのガキっぽさに引いちゃうおじさん達も多いでしょうが、中身はなかなかどうして、ガンダムです。

[amazonjs asin=”B00G6E8LF0″ locale=”JP” title=”機動戦士クロスボーン・ガンダム(1) (角川コミックス・エース)”]

UC0133、木星圏付近ではMSを利用して海賊行為を働く「クロスボーンバンガード」が出没していた。その一味となった少年トビアは木星帝国と戦うことに…。「F91」の続編に当たるコミックオリジナルの物語!

映画と原作小説でしか語られていない『F91』の続編、という何だか狭い狭い作品ですが、中身はなかなかどうして、ガンダムでした。正統派。

絵とあいまって、近接戦闘が主体の子供向け作品と思われそうですけどね。実際、子供向けっぽいところは多くありますが。

なんと言ってもガンダムのデザインで損しているような気がします。
F91のファンなら絶対読むべきですが……、この作品まで読んで、はじめて『F91』が終わった感じがします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする