『響~小説家になる方法~』感想② あと乳首な #響 #小説家になる方法 #柳本光晴

昨日書いたとおり、大好きな作品ではあるのですが、ちょくちょく気になることが。


これと

これね。

どちらもシリアスでキャラクターの内面が描かれた、とても作品の奥深さを出すのに大事なシーンなのですが、どうして乳首を立たせるのか。

Tシャツから乳首たってるのとか最高ではあるのですが、エロとシリアスに同居されるのは、あたくし、ちょっと苦手。

柳本さんはそのへん、どうお考えなのでしょ。

The following two tabs change content below.
都内在住のおじさん。 3児の父。 座右の銘は『運も実力のウンチ』

最新記事 by 写楽斎ジョニー (全て見る)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする