『クロカン』感想 理屈ぽさが少なくて物足りない……

現在の三田漫画を期待したからでしょうか。監督のキャラクターはそのまんまなんですが、理屈や理論が物足りなくて満足には至らず。

「ドラゴン桜」でおなじみの三田紀房が描き上げた、高校野球を舞台に型破りな野球部監督が活躍する熱血スポーツコミック! 桐野高校野球部監督・黒木竜次(くろき・りゅうじ)、通称クロカン。低迷していた桐野高校野球部を、県内の強豪に育て上げたクロカンだったが、その評判は悪く、後援会からは監督更迭の声も上がっていた。そんな中、クロカンはエース投手・正宮(まさみや)をショートにし、控えの石光(いしみつ)をピッチャーにするのだが……!? 「これからたっぷり見せてやるぜ。“クロカン野球”ってやつを……」――。

あの独特の理屈や難癖の付け方が好きなんだけどな……。

この超高校級・球児の坂本について、この件は好きだったな。「プロだったら道具の管理まで自己責任」とはまさにそう。高校生扱いしないプロ意識がぐっと来ました。

今、甲子園では金足農業が頑張っていて、面白いよね。

The following two tabs change content below.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする