夏紀先輩最高です『響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章 後編』1

下手な先輩は存在が罪、その意見もわかるけどね。
でも夏紀先輩が好きだ。

やっぱり、こういう曲、もちろん聞いたことはあるけど名前知らなかったりしますからね。

位置: 508
気心の知れたやり取りに、二人の距離の近さを感じる。テナーサックスとバリトンサックス。高校生活の三年間、彼女たちは互いに身近な場所にいたはずなのに、二人の関係が密になったのは卒業してからだった。人間関係というのはどうにも不思議だ。親しい人間と疎遠になることもあれば、興味のなかった相手が無二の存在になったりもする。

入部早々、火種になった葵先輩が小笠原部長と同じサークルに。
不思議なめぐり合わせというのは確かにあって、人生いろいろ、人それぞれです。

位置: 650
「先輩、やりましたね」  膝を折った奏が、上目遣いにこちらの顔をのぞき込んできた。前髪の下にある両目には、気の抜けた自分の姿が映り込んでいる。その黒い水面に浮かんだ感情は、ぞっとするほど柔らかかった。食パンにかじりつくみたいに、彼女の心にそっと歯を立ててみたい。舌の裏で押し潰すようにして味わえば、きっと未熟な味がするのだろう。

「彼女の心に、そっと歯を立ててみたい。きっと未熟な味がする」なんておじさんな趣味。高校生の独白じゃないよ、その趣味。少なくともそんな表現はしないでしょう。でもわかるんだなーおじさんだから。

位置: 918
いたが、おずおずと遠慮がちに口を開いた。 「ねえ、希美」 「ん?」 「ほかの子、誘っていい?」
希美の指先に引っかかっていた雑巾が、すとんと床へ落下した。

位置: 1,374
「こうやってみぞれがワイワイしてるのを見るの、変な感じする」  シャリ、と希美がスプーンでかき氷をすくい上げた。

位置: 1,378
「うち、みぞれとはずっと友達のはずなんやけどさ。昔から特別親しいって関係でもなかったから、どうにも接し方がわからんっていうか。あの子、思ってることを言葉にしてくれへんから。あ、いや、もちろん嫌いってわけじゃなくて、好きな友達ではあるんやけど」
慌てたように、希美が手を左右に振る。紡がれる言葉の一つひとつが、久美子の良心を戯れに刺激している。

この関係、立華高校の梓とあみかの関係に類似してる。
武田さんはよほど気になるんでしょうね、疑似師弟関係。

難しいのはみぞれの腕前がいつのまにか希美を大きく引き離していること。それが「リズと青い鳥」の本題でもあるわけですが。

しかし、希美がここまで無自覚なのは、本当にありえるのかしら。希美が無神経なのかみぞれのわかりづらさが究極的なのか。

黄色のハイライト | 位置: 1,290
おそろいの水着を着た麗奈が、挑発的に口端を持ち上げる。艶やかな黒髪に指を巻きつけ、彼女は 剥き出しになった素足を交差させた。この一瞬の尊さを、刹那的なまばゆさを、触れられる何かで封じ込めることができたらいいのに。

おじさんだな。

位置: 1,886
「私は、優子が正しいと思う。それは、妥協じゃない。きっと、冷静な判断。無理やりは長持ちしない。いきなり壊れる」  それまで黙り込んでいたみぞれが、強い口調で言い返した。優子の正当性を訴えるとき、みぞれは 饒舌 になる。

みぞれも結構、というか相当、自分勝手な性格。これを「勝手」と呼んで良いのかわからないですが。
優子は正しい、希美は神。その論法からぶれないんですね。非人間的性格から分かりづらいですが、かなりこれ、ラノベ的というか物語の上でしか存在し得ない存在ですよね。リアリティを出すのが難しい。

位置: 1,961
「気にしてるっていう感情が、好意的なものとは限らんやろ?」
「それって、」
息を呑んだ久美子に、麗奈は言った。
「希美先輩は、みぞれ先輩に無意識に嫉妬してる。多分、ずっと前から」

飼い犬に手を噛まれる現象、とでもいいますか。
梓のときは梓は常に上でした。しかし『リズ』の二人のときは明確に立場が逆転する。その時の当人の感情の動きがこの本の読ませどころでもあります。

位置: 2,163
正義感と同情心から湧き上がった憤りが、久美子の胃の底をじりじりとあぶっていた。煮え立つ不快感を抑え込み、とにかく冷静であろうと努める。
「じゃあ、なんで先輩は音大に行くなんて言い出したんですか。みぞれ先輩は、先輩と同じ音大に行くつもりなんですよ?」

正義感と同情心から湧き上がった憤り、ね。同情という自覚が久美子にあるのかしら。しかし、とかく人は独善的に陥りやすい。特に怒りを伴うとね。

気をつけなければなりませんな。

The following two tabs change content below.
都内在住のおじさん。 3児の父。 座右の銘は『運も実力のウンチ』

最新記事 by 写楽斎ジョニー (全て見る)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする