『さよならタマちゃん』 武田一義著 評判通りの傑作やったわ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

思ったよりギャグ少なめじゃんすか……

2014のマンガ大賞3位ということで、何となく読んでみたのですが、これが大変でした。

とにかく、闘病の様子が辛すぎる。

主人公は『GANZ』などの奥浩哉先生のもとでアシスタントを務めた著者自身。
彼が精巣腫瘍にかかってしまい、その闘病をする様が描かれているのです。

闘病漫画なので、ある程度覚悟はしていたのですが、可愛らしいネーミングとは全く裏腹で、ギャグ少なめなんす。

癌モノの破壊力は異常

個人的に人生ベスト漫画に入ってくるであろう、土田世紀先生の『雲出るところ』、あれも癌モノでしたが、どうしてこんなに読むのが辛く、心を打つのでしょうか。やはり、若くして死ぬ病だからでしょうか。闘病が辛いからでしょうかね。

単に辛いだけでなく、「子どもが作れなくなる」とか「お金がかかる」とか、「髪の毛が抜ける」とか。
そういう色々な事も含めて、人間のプライドというか尊厳を奪っていくからなんですかね。

何より、あたくしも癌の家系の人間ですから。
いつになるか分かりませんが、とにかく、癌にはなるでしょうね。

その「いつか自分も」ということが、さらなる興味と恐怖を付加していくんですかね。

PVもあるのね

原作の絵を動かしているだけのPV(「だけ」なんて言っちゃいけない、すごい技術!)ですが、読んだ後に観ると涙が出てきそう。
この人の萌のような絵が、不自然なくらい辛い現実と混ざって、苦しいです。

まどか☆マギカも最初観た時はこんな感じだったなぁ。だいぶテイストが違いますが。

The following two tabs change content below.
都内在住のおじさん。 2児の父。 座右の銘は『運も実力のウンチ』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です