『ささめきこと』いけだたかし著 百合漫画の中では別格に面白い

切ないだけでも、リアルなだけでも、面白いだけでも、駄目なのよ

百合漫画って難しいですね。
ただガチで百合られても、それはそれで難しい。

かといって、『青い花』のように切ない百合というのも、耽美的ではあれど、興味が長続きしません。

『ゆるゆり』のギャグは良かったけど、とはいえずっと観ていたいというほどでもない。

[amazonjs asin=”4778320050″ locale=”JP” title=”青い花 1巻 (F×COMICS)”]

[amazonjs asin=”4758073279″ locale=”JP” title=”ゆるゆり (12)巻 特装版 (百合姫コミックス)”]

そんなあたくしには、これくらいの百合がちょうどいい。

[amazonjs asin=”B00AO2UXE2″ locale=”JP” title=”ささめきこと: 1 (コミックアライブ)”]

アニメ1話を観た時のインパクトは忘れられない

「こんな百合もあるのか!」とビビりました。
2話以降はテイストがガラッと変わるというのも面白かったですな。

耽美ではあるが過ぎず、とはいえすごく綺麗。
村雨ちゃんの太もももとても美味しそう。

screenshot_2014_10_23T09_00_54+0900

あぁ、村雨ちゃんかわいいよ。
百合だとか男の娘だとか、そのへんの流行りものを適当にぶち込んで、それでもテンポよく読ませるのはいけだ氏の力でしょうな。

まだ途中までしか読んでないのですが、最後まで読みたいと思います。

The following two tabs change content below.