映画とは加点式で観るものなり『前田建設ファンタジー営業部』

映画とは、あまり期待しないで観るものですね。

上田誠さん脚本と知ったのはエンディング。
まるで期待せず観ましたら……そこそこ良かった。

この「まるで期待せず」というのが大切。
いまだったら「parasite」とか、アカデミー賞!みたいな触れ込みされちゃうとね。ちょっと減点式でみちゃうところある。

しかし、まるでゼロな気持ちで見れば、加点しかない。

しいて言えば、やっぱり小木は任じゃないですね。そこは角田だろう。プラドラの。
あと高杉さん。フォーゼのミッチ。やっぱ美少年ですね。

The following two tabs change content below.
都内在住のおじさん。 3児の父。 座右の銘は『運も実力のウンチ』

最新記事 by 写楽斎ジョニー (全て見る)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする