ポップだが本格なミステリ『アリバイ崩し承ります』

いわゆる『ビブリオ古書』的な。ある分野の専門家がやたら推理力が高く、安楽椅子ですべてを片付ける系のやつ。

殺人を告白して死んだ推理作家のアリバイとは!? 新米刑事が思わず通う、鮮やかすぎる謎解き――。時を戻すことができました。アリバイは、崩れました――。美谷時計店には、「時計修理承ります」だけでなく「アリバイ崩し承ります」という貼り紙がある。「時計にまつわるご依頼は何でも承る」のだという。難事件に頭を悩ませる捜査一課の新米刑事は、アリバイ崩しを依頼する。ストーカーと化した元夫のアリバイ、郵便ポストに投函された拳銃のアリバイ、山荘の時計台で起きた殺人のアリバイ……7つの事件や謎に、店主の美谷時乃が挑む。あなたはこの謎を解き明かせるか?

類似作品は枚挙に暇がないが、けれども魅力はあるんですよね。これも良くできてます。単純に本格ミステリが好きなら程度の差こそあれ楽しめるはず。

あたくしは謎のレベルがちょうどよく、適度に難しかったので楽しめました。謎の難易度や質が肌に合ったんでしょうね。

p1139
死者のアリバイを崩すべく、第四係の捜査員たちは検討を始めた。自供まで得られた事件で書類送検できなかったら、捜査一課の他の係の笑い者になってしまう。

この自供して死んだ人間のアリバイを崩す話が好きでした。死者のアリバイ崩し、好みの発想です。

The following two tabs change content below.
都内在住のおじさん。 3児の父。 座右の銘は『運も実力のウンチ』

最新記事 by 写楽斎ジョニー (全て見る)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする