一覧

『落語と私』言葉の重み

やはり調べぬいた方の言葉というのは重みがあります。 p180 かつて古今亭今輔演じる新作『網棚』は、戦後落語の傑作でありました。いや、今...

太宰の『恥』は難しい

ほとんど自嘲的フィクション。 かなりのファンじゃないと理解できない部分もあると思われます。 「無頼派」「新戯作派」の破滅型作家を...